トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ローマとインテルはポリターノの交渉を再開した。インテルは完全移籍あるいは買取義務付きのローンであれば受け入れる。

スピナッツォーラとポリターノのスワップは破断したが、ポリターノはまだローマに向かいうる。ポリターノがローマに移籍したいという意欲を表明した後、ローマは再びインテルと接触した。インテルは、特定の条件下でにおいてポリターノの要求を満たすことを厭わない。
今日の午後、ローマはインテルとの間で続く緊張をほぐすためにマロッタと話し合った。インテルは、完全移籍あるいは出場試合数で義務化するローンでポリターノのローマ移籍の要求を満たす用意がある。
インテルはモーゼスを獲得する間際であり、モーゼスは先ほどミラノに到着した。インテルはもはやスピナッツオーラに興味を持たない。

Gianluca Di Marzio.com
forza INTER!
このエントリーのタグ: 19-20メルカート冬
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
16819: by on 2020/01/21 at 07:56:34

ローマはそれまでほとんど使ってなかったスピナ〜を早速破断後の試合でフル出場させましたね。なんらかのメッセージを感じてしまいます。

検索フォーム

プロフィール

ふぉるつぁインテル

Author:ふぉるつぁインテル
インテルの情報を適当にあつめていくブログ。

PR

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

ランキング