トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ミランダはプレー時間の少なさに不満、インテルは放出のケースに備えて後任を準備する。

ミランダはデフライの到着によって、出場機会が激減している。ミランダはもっとプレーすることを望んでおり、この願いをインテル首脳と話し合ってきた。ミランダはフリーでの放出を避けるための契約延長に応じたが、本質的には、もっとプレーするためにインテルを去りたい。ポルト、フラメンゴがミランダに興味を持つが、まだインテルが納得するようなオファーは届いていない。もし、適切なオファーが届くならば、ミランダは本当に1月にインテルを去りうる。
この場合、インテルはセンターバックの購入の可能性を考える用意がある。そのプライオリティは、ユーベなども注目するサンプドリアのヨアヒム・アンデルセンだ。アンデルセンのオペレーションはインテルがすぐに投資するには高すぎる3000~3500万ユーロのものとなるだろう。そして、サンプドリアのフェッレーロ会長は少なくとも今シーズンが終わるまではアンデルセンを残しておきたい。しかし、インテルはサンプドリアと双方が納得する適切なソリューションを見出すことに挑むだろう。このためにサプライズは除外されない。インテルはミランダの状況が定まるのを待って、センターバックの補強に動く。

calciomeracato.com
forza INTER!
このエントリーのタグ: 18-19メルカート冬 アンデルセン
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
15065: by on 2018/12/22 at 02:05:14

ミランダを簡単に手放すのは危険だと思いますね。今のインテルはミランダが控えにいるっていうのがかなりの強みだし。CBは怪我も多いポジションだし3人でまわしていってほしいな。シュクリニアル、デフライがいる以上代わりを獲得するにしても控えになること分かっててインテルにきたがる選手かつミランダ以上の選手はなかなかいないのでは?

検索フォーム

プロフィール

ふぉるつぁインテル

Author:ふぉるつぁインテル
インテルの情報を適当にあつめていくブログ。

PR

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

ランキング