トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ケイタについて、インテルとモナコの間には距離があるが、両者は合意に近づいている。

Corriere dello Sportによると、インテルとモナコはケイタの取引で合意にむけてだんだん近づいていて、両クラブの間にはすぐに取引をまとめることができるとの楽観があるという。ケイタの取引は買取OP付のローンとなるだろうが、モナコは買取OPとローン料で3200万ユーロを求めている。一方、インテルは2500万ユーロ程度としたい。両者の要求の間に大きな開きは無く、ケイタが転売された場合の%をモナコが受け取る条項がふくまれるかもしれない。カンドレーバが同じ買取OP付のローンでモナコに向かうのかどうかはわからないが、今、カンドレーバはモナコ移籍について考えている。
forza INTER!
このエントリーのタグ: 18-19メルカート夏
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

検索フォーム

プロフィール

ふぉるつぁインテル

Author:ふぉるつぁインテル
インテルの情報を適当にあつめていくブログ。

PR

順位表

18199t.png

twitter

カテゴリ

フリーエリア

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

ランキング