トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

インテルは残り契約が1年未満の選手を獲得するのが難しい。

通常、選手が契約更新の意思がないまま、チームとの契約が1年を切ると、移籍金は下がることになりやすいし、所有クラブが選手の放出を決断する可能性は高くなる。そのため、その選手を狙う他のクラブにとっては好機となる。ガゼッタによると、しかし、今シーズンのインテルの場合はそうではなく、複雑だ。その理由は、UEFAによってインテルに課されたFFPの制約による。インテルは選手の獲得による支出と放出による収入のバランスをとらなければならいので、ポリターノの取引のように買取OP付のローンを補強のプライオリティに置かざるを得ない。そうなると、インテルは契約の残り1年の選手を獲得するのが難しくなる。契約が残り1年の選手を1年の買取OP付のローンで獲得することはできないからだ。ローン期間が終った時点でその選手がフリーになってしまうので、所有クラブは許可しない。こういった選手を買取OP付のローンで獲得するには、まずは選手と所有クラブ間でさきに契約を延長してもらわなければならない。

forza INTER!
このエントリーのタグ: 18-19メルカート夏
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

検索フォーム

プロフィール

ふぉるつぁインテル

Author:ふぉるつぁインテル
インテルの情報を適当にあつめていくブログ。

PR

順位表

1718_38t.png

twitter

カテゴリ

フリーエリア

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

ランキング